東京都の自費技工専門歯科技工所
ケン・デンタリックス株式会社

インプラント、オールセラミックス、e.max、デジタル矯正

受付時間
平日 8:30~19:00
土曜 9:30~17:30
休業日
日曜、祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

03-6801-8194
私達は、お客様から信用を得ることが一番の財産と考えます。

「信用無限資」

代表者ごあいさつ

当ホームページへお越しいただき、ありがとうございます。代表の松浦賢治と申します。

当社は、1980年12月に個人技工所としてスタートして以来、40年近く自費治療を専門に技工物を製作しております。おかげさまで、現在では約70名ほどのスタッフと共に毎日楽しく仕事をさせて頂いております。

通常の技工物に比べ、インプラント上部構造の作製は、様々な知識と高い適合精度が必要なため、技工士としてなかなか取り組みにくいものです。しかし、様々なCAD/CAMを使用し長年培った知識と技術を融合することにより克服しております。また、近年はマウスピースによる矯正のニーズが高まっているため、デジタル機器を使用したケンライン(マウスピース矯正装置)を提供しております。矯正専門医の先生は元より、一般開業医の先生方からも多数ご支持頂けるようになりました。

今後もこの評価に恥じぬよう、最新機器をいち早く導入するだけでなく、インプラント技工技術や矯正技工技術を磨き、高い精度と技術力をご提供して参ります。

社員一同、研鑽に励んで参りますので、心よりよろしくお願い申し上げます。

ケン・デンタリックス株式会社 代表取締役 松浦 賢治

代表取締役:松浦 賢治

資格

歯科技工士免許 

経歴

昭和31年12月15日 東京都生
昭和53年3月   日本歯科大学付属歯科専門学校 9期卒
昭和55年12月 松浦歯科補綴 設立
昭和64年        国際歯科技工学術大会 テクニカルコンテスト 銀賞受賞

平成2年        ケン・デンタリックス株式会社 設立
平成6年3月  スイスI.T.Iインプラント公認インストラクター
        スイスCM社アタッチメント公認インストラクター

平成7年3月  米国CALCITEKインプラント公認 インストラクター
平成9年3月 (社)日本歯科技工士会 生涯研修認定講師
平成14年9月 ドイツWIELAND AGC マスター インストラクター
平成15年4月 KaVo CADCAM システム マスターラボ
        日本歯科大学付属歯科専門学校歯科技工士専攻科 非常勤講師就任
平成18年   東京短期大学歯科技工学専攻科 非常勤講師就任

沿革

自社ビル

ケン・デンタリックス株式会社の前身である、松浦歯科補綴(ほてつ)は、私が23歳(198012月)個人開業いたしました。

開設当初は、局部欠損補綴にアタッチメントやミリングワークを併用したリジットサポートデンチャーの製作や、インプラントの上部構造をルーティンワークとして製作しておりました。現在のインプラント治療は予知性も高く普遍的となっていますが、当時はインプラント治療の予知性も見えず、とても難易度の高い治療でした。そのため、インプラント治療の予後が悪い場合には弊社の得意とするミリング技工とアタッチメント技工を併用し、患者様に迷惑がかからないような設計とバックアップ体制をとっておりました。

その後、順調に業績を伸ばす事ができ社員数も増加したため、19905月にケン・デンタリックス株式会社と社名変更し法人化致しました。

現在は、歯科治療の発展進歩に伴い、機械(CAD/CAM)による製作法が非常に増えております。そういった機械化は補綴物のみならず、矯正技工にも及び、3Dプリンターとデジタル設計によるマウスピース矯正や金属床にも応用しております。

「他社がやらない事や、やれない事をやる!」「日本の技工所の中でもいち早く新技術の先陣を切る!」といった強い信念と長年積み上げてきた経験と知識、磨き上げてきた技術力が実を結び、現在ではインプラント上部構造や矯正技工に特化したラボとして評価をいただけるまでになりました。

今後も社員一同、人の感受性による技術力とCAD/CAMの精密性とを融合させた補綴物を製作し技術研鑽して参りますので、ご指導ご鞭撻の程、心より宜しくお願い申し上げます。

代表取締役 松浦 賢治

発表論文

クインテッセンス出版:QDT本誌
  • 松浦賢治.アタッチメントワークにおける正確なスタビライジングアームの製作法.QDT 1990;Vol15 No5:38~44.
  • 松浦賢治.マスターピース.ヘラウスのクロム・コバルト超精密鋳造システム.QDT 1993;18(3):4-5.
  • 松浦賢治.デジタル・デンタル・ビュー.DIGITAL DENTAL PRESENTATION.QDT 1997;23(1):102-105.
  • 松浦賢治.デジタル・デンタル・ビュー.SOHO Network Computing.QDT 1997;23(2):70-71.
  • 林昌二.塩田真.斉藤勇.松浦賢治.特別座談会 エレクトロフォーミングの臨床応用の可能性―その疑問に答えます.   QDT 2002;27(10):46-75.
クインテッセンス出版:QDT本誌解説
  • Semsch R.松浦賢治(解説).インプラント支持型可撤性バーデンチャー―維持装置に応用する電鋳とリーゲル装置 ―. QDT 2003;28(4):19.
  • Kurbad A.Reichel K. 松浦賢治(解説).オールセラミック内冠のCAD/CAM製作―特別なソフトウェア不要の万能製作法 ―.QDT 2003;28(10):63-75.
クインテッセンス出版:別冊
  • 松浦賢治.アタッチメント義歯床用レジンの埋没法―加熱式重合レジン填入の注意点―.
    In:QDT別冊 床用レジンの世界.東京:クインテッセンス出版, 1991.110-111.
  • 松浦賢治.上部構造におけるサイドスクリューの考え方.In:QDT別冊 歯科技工の潮流1998―
    採録:‘97 QDTシンポジウム―.東京:クインテッセンス出版,1998.104-108.
  • 松浦賢治.塩田真.エレクトフォーミング・テレスコープクラウンの上顎無歯顎インプラント症例への応用.
    In:QDT別冊 インプラント上部構造の現在 PART 3.東京:クインテッセンス出版, 2002.186.
  • 鈴木徹.松浦賢治.ブリッジ作製のための基本.In:QDT別冊失敗しないメタルセラミックス.東京:クインテッセンス出版,2003.59.
医歯薬出版
  • 歯科技工13-7(1985)
    Forum・卒業後最もショックを受けたこと、幅広い知識と技術を学ぶ姿勢に感動して
  • 歯科技工19-3(1991)
    特集/続 rigid connecting とアタッチメントの再考 スタビライジングアームの設計・技工<上>
  • 歯科技工19-4(1991)
    特集/続 rigid connecting とアタッチメントの再考 スタビライジングアームの設計・技工<下>
  • 歯科技工21-3(1993)
    体にやさしい技工室.機能的なレイアウト
  • 歯科技工別冊 症例からみた咬合器の選び方・使い方(1995)
  • 歯科技工別冊 こだわりのラボ用GEARセレクション(1997)
  • 歯科技工別冊 デンタル・インプラント Today(1999)
  • 歯科技工学臨床研修講座 第4巻(1998)
  • 歯科技工29-1(2001)
    新春特集21世紀に伸びるラボ経営規模別4つのラボの経営者に聞く,伸びるラボと経営の要件(前)
  • Part 1.Owner&Labo Profile「オーナーのこだわりが反映されたラボ紹介」
    変遷を重ねた試行錯誤のもとに現在のスタイルに行き着いた中規模ラボ歯科技工29-3(2001)
  • 特集/21世紀に伸びるラボ経営規模別4つのラボの経営者に聞く,伸びるラボと経営の要件(後)
  • Theme 1 明確にして業績アップ 効果的な工程・品質管理
  • Theme 2 社員がグングン伸びる 社員評価と社員教育
  • Theme 3 面倒だけど避けて通れない 経理業務
  • Theme 4 伸びるラボが考える 時代に即した新しい取り組み
  • Theme 5 ラボの付加価値を左右する チェアサイドおよび患者とのコミュニケーション歯科技工35-7(2007)
  • pecial Articles特集 Reportage I CAD/CAMから斬る! IDS 2007
日本歯科技工士会 会誌
  • 平成10年5・6月号テクニカルレビュー  「CALCITEK IMPLANT SYSTEMの上部構造」
  • 平成12年9月号テクニカルレビュー  「新しいコンセプトの歯冠外アタッチメント」
  • 平成13年10月号レビュー  「IT革命と歯科技工Part2 歯科技工所におけるコンピュータの利用法」
デンタルダイアモンド社
  • 松浦賢治.最新CAD/CAN事情と臨床ーシステムの概要・特徴&適応症例
    各システムの特徴と適応症 CAD/CAM Everest.第30巻第16号2005年12月号:43~46
  • 松浦賢治.最新CAD/CAN事情と臨床ーシステムの概要・特徴&適応症例
    各システムの特徴と適応症 CAD/CAM Everest.第30巻第16号2005年12月号:43~46

その他メニューのご紹介

最新機器を導入し、高い精度を保つ、当社の特徴をご案内します。

当社の高い精度・技術力で製作する製品をぜひご覧ください。

当社に多く寄せられるご質問に、回答いたしました。

新着情報

2018年4月14日
1泊2日の社員研修
今年は、7名の新入社員を迎え、一緒に伊豆へ社員研修に行ってまいりました。なかなか全社員で長い時間、一緒に過ごす機会はないので、新人さんを交えて親睦を深める事ができたのではないでしょうか。研修以外にワイナリーや三島スカイウォークなどの観光も楽しみました。
2018年4月1日
ケンデンタリックス
マウスピース矯正・インプラントスタートアップセミナー
講師:山田清貴先生 小林英範先生

 
2017年6月22日
ケンデンタリックス
矯正セミナー
講師 歯学部歯学科歯科矯正学 田村隆彦准教授よりワイヤーブラケット、インダイレクトボンディングの等、その他ワイヤー矯正歯科の基本的なメカニズム、及び保定装置についてとてもよい講習内容でした、次回に期待です。
2017年2月24、25日
ケンデンタリックス
US Chicago Midwinter meeting、アメリカのミッドウィンターのデンタルショーとlabdayに行ってきました。最近の機械化の波はとどまることを知らない勢いですね!
2017年1月5日
ケンデンタリックス
新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。
2016年10月31日
日本歯科新聞掲載:ケンラインセミナー
日本歯科新聞2016年10月18日第1946号
国産のフルデジタルマウスピース矯正セミナーについて (フルデジタル矯正とはデジタル設計(μマイクロ単位)から3Dプリントプレスまで弊社にて製作)
2017年10月6日
ケンデンタリックス
GPの先生やその他のアライナーシステムを使っている先生方も、国産のフルデジタルマウスピース矯正セミナーをどうぞ(フルデジタル矯正とはデジタル設計(μマイクロ単位)から3Dプリントプレスまで弊社にて製作)
2016年8月13日
ケンデンタリックス
代表の松浦がセミナーをミャンマーで行いました.
TV取材来ておりCAD/CAMの重要性が問われます。この街は数ヶ月単位で進化しています。
今回はヤンゴンのダウンタウンでは陸橋が完成していました、またホームセンターなどはもう先進国と変わりないですね、ケータイの普及率も町中の若者はすべて持っているとてもアクティブな国です。
 
2016年4月1日
ケンデンタリックス新人歓迎会
屋形舟にて新人歓迎会また新たな新人さんと共にベテラン含め楽しみました。こういう時にはいろいろな年代のカルチャーが混ざるので話がはずみますね。
2016年3月16日
MID-G総会:歯科経営等のプレゼンなど多気に渡り情報発信、またいつも通りこの総会はよりよい形の広がりを体感できる総会ですね。歯科マネジメントにご興味が有るドクター方は社団法人MID-G(ミッドジー)
2016年2月16日
ケンデンタリックス
デジタル化が進む中歯科技工業界でのさまざまなノウハウをプレゼン弊社代表 松浦賢治
※詳しくは日本歯科新聞にて
 (日本歯科新聞 2016年2月16日第1914号掲載)
2015年12月3日
第2回 日本アライナー矯正歯科研究会のお知らせ
12月3日フルデジタル矯正ケンラインも昨年同様に参加します。この研究会はGPの先生方も多くとても未来型の研究会です。(去年200名前後)今年も海外カンファレンスで行われるアライナー矯正治療をいち早くできることに多くの先生が期待しています.
2015年10月17日
ケンデンタリックス
ケン・デンタリックス社員懇親会
東京スカイツリーでスタッフ含めみんなで夜景と食事を楽しみました。スカイツリーはとても大きな建築物でエレベーターも早い、展望台とその上の展望台にもいきました。
2015年7月26日
ケンデンタリックス
AO Charter Chapter Meeting Japan
The Science of Implants and Associated Biologyでブースを出展しました。
 
2015年3月29日
ケンデンタリックス
デジタルコミニュケーションフェア2015
秋葉原UDX4F
代表の松浦賢治がCAD/CAMが変える歯科医療について講演いたしました。
(日本歯科新聞掲載2015年2月24日第1970号)